itエンジニアで年収が高いキャリアとは?

itエンジニアの中で年収が高い職種とは、どのようなものなのでしょうか。一般的に30歳以後から職種で年収格差が生じると言われているエンジニア業界で、itエンジニアにおいても将来的なキャリアパスを考えておくにあたり、年収は重要な判断材料になります。

もちろん自分の適性や周辺環境との関係を抜きにすることはできませんが、年収が仕事の満足度に対する視覚的・絶対的尺度である以上、これを等閑視することは全く妥当ではないと言えます。

まず、最も年収が高い職種はやはり『コンサルタント』です。コンサルタントは直接企業の利益を左右する重要な職種であるためその功績は大きく、そうした評価に比例して年収が高くなるのが一般的です。企業やit業務の内容にもよりますが、平均しておよそ700万円超の年収であると言われます。

次に年収が高いのが、『エディケーション』と呼ばれる人材の教育に関する職種です。研修やインストラクションといった直接的にエンジニア育成を図る仕事から、設計・開発・運営に関わってその評価も行います。その年収は平均して650万円程度とされています。コンサルタントにも当てはまりますが、エディケーションにおいては特にitエンジニアとしての実務キャリアが必要になってくるため、35歳前後までテクニカルな仕事を行い、そこから転向してくるといったルートで育成関係の仕事に携わる人が多いようです。

これらコンサルタントとエディケーションは双方とも職種としてはマネジメント・ラダーに属するため、より高い年収を目指すのであれば、こうしたキャリアパスを選択すべきでしょう。そのほか、高額を狙うために独立をするというのもひとつの手段です。自分の裁量ですべてが決まり年収アップを狙える、しかし責任もすべて自分にある、その点を良い刺激そしてモチベーションアップへの材料とすることができる人は、フリーランスとしてのキャリアを積むにふさわしいかもしれません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です