itエンジニアで女性向きのキャリアとは?

itエンジニア業界において、女性の比率は低いと指摘されています。その原因としては、元来女性が電子・電気・制御といった機械分野に対して疎いと思われがちである点、そうした性質から興味が湧きにくいという点が挙げられます。実際の女性比は10%以下とも言われ、女性進出が著しく進んでいない業界の一つと評価されます。

一方で、itエンジニア業界において女性が働きにくい要因は他にもあります。それはその仕事内容です。エンジニアと言っても、パソコンの前で画面とにらめっこして理論を構築することだけが仕事ではありません。ネットワークやサーバー構築・管理といった分野であれば、重い機器の搬出入や日々の夜勤が日常的な業務内容として存在します。従って、概して体力的に男性より劣ると言われる女性に向いていないと判断されてしまうわけです。

しかし、itエンジニアの仕事の全てが女性に向いていないということにはなりません。キャリアパスにおいては、女性でも十分に通用する職種が存在するのも、また事実です。実際国の政策などの支援を受けて、コンサルタントといった管理職分野に女性が多く進出しています。また、エディケーションと呼ばれる人材の育成や業務評価に関わるセクションにおいては、人間関係に対する細やかな配慮も必要とされるため、男性よりも人当たりが良い女性にこれを任せる企業もあるほどです。

仕事をする上で必要な「厳しさ」は性格によっては誰でも醸成することができますが、「女性らしさ」は本来女性しか発揮できません。性別も貴重な特質としてキャリアに活かすことができれば、エンジニア業界でも女性が活躍できる場面は多くあるはずです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です